ラブライブのWAV32bit/96kHzハイレゾ音源を購入してみた

いやー、ついに沼に手を出してしまいました…
というわけで、ラブライブ!のWAV32bit/96kHzハイレゾ音源を購入したので、今回はそのレビューです。

何の音源を購入したか

ロック・J-POP・ジャズ・クラシック・アニソン・エレクトロ。様々なジャンルをハイレゾで配信中。WAV・flac・DSDなど各種フォーマット選択も可能。ハイレゾ聴くならe-onkyo music!

Snow halation(Off Vocal)を購入しました。

特に好きな楽曲で、おそらくみなさんも大好きであろうこの曲。

しかしなぜOff Vocalかというと、編曲や音作りのリファレンスにするためです。
細部まで聴き込みたい、そして分析や再現をして技を盗みたい。そんな目論見があってです。

On Vocalバージョンも欲しい…

WAV32bit/96kHz音源について

CD発売時に制作したマスター音源はProTools|HDを使用し32bit floating/48kHzにて収録からミックスまでを行っております。 今回の配信ではオリジナル音源のミキシングエンジニアの手により、マルチトラックデータを32bit floating/96kHzに変換の後、存在しない周波数帯域に倍音を付加する強引なプロセスは一切行わず、96kHzの解像度やスペックを活かしたバランスに再ミックスし、マスターファイルを新たに作成する「HD REBUILD MASTER」を採用しています。

さらに、今回のリリースではアニソンのハイレゾ配信として初となる32bit整数バージョンを用意いたしました。上記手法で制作した32bit floating/96kHzのマスターファイルに対しフルデジタルでのマスタリング処理を施し32bit整数/96kHzにレンダリング、マスタリング時のイコライザーやコンプ・リミッター24bit(144db)を上回る192dbのダイナミックレンジで処理したマスターを作成、24bitや実効再生解像度が24bit分である32bit floatingの音源を上回るクオリティのなめらかで高い解像度の音源の制作を実現しました。

e-onkyoより

再ミックス、再マスタリングの高解像度の音源です。

CD音源は音が悪いとの評判のラブライブですが、WAV32bit/96kHzハイレゾ音源は果たしてどうなんでしょうか?

聴いてみた

シングルのOff Vocalの音源は所持しておらず、ベスト盤のCD音源との比較で
純粋な比較ではないですが…そんなこと関係ない!はっきり言えます。
雲泥の差です。全然違います。

これを聴いてしまうと実にCD音源の音が気になるようになるので、むしろおすすめしませんw沼にはまることになりますw

ネットの情報で書かれてるとおり、イントロのウィンドチャイムの流れる方向が逆だったりと、CD音源とは別物です。

e-onkyoで聴ける圧縮された試聴音源ですら全然違いがわかるレベルなので、再ミックス、再マスタリングの効果は絶大ですね。

おわりに

さらに音源が欲しいのですが、結構な値段なのでほいほいと買えないですね。

全曲揃えるならいくらになるんだろう…

明らかに沼なので、1音源1音源、味わって、アナライズして、しっかり消化して購入していきたいところです。

リンク

ロック・J-POP・ジャズ・クラシック・アニソン・エレクトロ。様々なジャンルをハイレゾで配信中。WAV・flac・DSDなど各種フォーマット選択も可能。ハイレゾ聴くならe-onkyo music!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする