作曲家で聴くアイドルソング!おすすめの作曲家3選

アイドルソング、結構良い曲が多いのでよく聴いたりしますが、作家で聴いてることが多いんですよね。あの作曲家とあのアイドルの組み合わせ最高!とか。

今回はアイドルソングを作っているおすすめの作曲家を3方ご紹介します。

玉屋2060%

ロックバンド「Wienners」のボーカル、ギター、作詞、作曲担当。

でんぱ組.incへ、でんぱれーどJAPAN、でんでんぱっしょん、サクラあっぱれーしょん、でんぱーりーナイト、STAR☆ットしちゃうぜ春だしねを、ベイビーレイズに虎虎タイガー!!、栄光サンライズを楽曲提供、ゆるめるモ!のHamidasumo!のリミックスも手がける。

Wikipediaより

中毒性のあるオリエンタルなペンタトニックスケールの旋律が特徴ですね。

でんぱ組.inc×玉屋2060%

作詞・作曲・編曲:玉屋2060%

作詞:畑亜貴 作曲:玉屋2060% 編曲:釣俊輔

作詞:畑亜貴 作曲・編曲:玉屋2060%

その他

作詞・作曲・編曲:玉屋2060%

永井ルイ

永井ルイ オフォシャルサイト

1985年アーティストのサポートミュージシャンとして活動開始。アニメ、アーティスト、CM等多くの楽曲提供、プロデュースを手掛け、ソロとしても活躍中。

公式サイトより

ビートルズやクイーンの影響を感じさせる楽曲が魅力のコンポーザー・アレンジャー。

i☆Ris×永井ルイ

作詞:ACKO 作曲・編曲:永井ルイ

作詞:ACKO 作曲・編曲:永井ルイ

作詞:ACKO 作曲・編曲:永井ルイ

その他

作詞:瀧神 朋生 作曲・編曲:永井ルイ

沖井礼二

作曲家/音楽プロデューサー/アレンジャー/ベーシスト。

1997年に”Cymbals”を結成。翌年LD&K よりデビュー。
1999年にはビクターよりメジャー・デビュー。同グループのプロデューサーとして8枚のシングル、5枚のフルアルバム、3枚のミニアルバムで作詞・作曲・編曲、アート・ディレクションを担当。2003年9月解散。

2008年8月、ファースト・ソロ・アルバム「EXAMPLE」発表を機にソロ・プロジェクト”FROG”の活動を開始。2009年6月には2ndアルバム「Caricature」を発表。 Cymbals解散以降は自らの活動と並行しつつ、作・編曲家として多くのCM、ゲーム、アニメーション、舞台、テレビ番組等の音楽制作に携わる。イザベル・アンテナ、さくら学院、竹達彩奈、花澤香菜、シティボーイズ公演、NHK「大!天才てれびくん」ニコニコ動画出身の歌い手”りぶ”などへの楽曲提供など多岐にわたる分野で活躍中。 2015年1月、清浦夏実(Vo.)との新バンド”TWEEDEES”を発表。

TWEEDEES公式ホームページより

おしゃれで心地よい和音が魅力的です。
渋谷系やギターポップが好きな人にはたまらないサウンドですね。

Twinklestars×沖井礼二

作詞・作曲・編曲:沖井礼二

作詞・作曲・編曲:沖井礼二

その他

作詞:沖井礼二・みさこ 作曲:沖井礼二

おわりに

私の好きな作曲家さんや楽曲ばかり挙げましたが、琴線に触れたものはありましたでしょうか?

さらにいろんなアイドルの良い曲を聴いてみたいので、よかったらTwitterなんかでみなさんのおすすめのアイドルソング、教えていただけると嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする