わくわくするコード進行を作る3つポイント

わくわく感のあるコード進行パターン集(音源あり)
今回は私がよく使用する、 わくわく感のあるコード進行をご紹介します。 わかりやすいよう、全部ハ長調(キー:C)です。 C Bb F A...

わくわく感のあるコード進行パターンを前回の記事で紹介しましたが、どうやってつくるの?って方のために、わくわくするコード進行を作るポイントを3つご紹介します。

わくわくするコードを使う

まずは、わくわくするコードを使うこと。

例えば、ハ長調だと
Bb、Ab、D(7)、D/F#、Csus4、C/Bb
など、このようなコードを進行に入れ込めば、わくわく感を演出しやすいです。

メジャーコードは三和音

つぎに、メジャーコードは7thやテンションをつけずに三和音で使うこと。

7thやテンションをつけるとおしゃれな雰囲気になります。
D7は7thつけてもわくわく感がある印象です。

ペダルポイントを使う

さいごに、ペダルポイントを使うこと。

C F/C G/C C
のように、ベースを一定に保つ技法です。
わくわく感を演出するには効果的な技法ですね。

まとめ

  • Bb、Ab、D(7)などのわくわくするコードを使用する
  • メジャーコードは7thやテンションをつけず三和音
  • ベースを一定に保つペダルポイントを使用する

これでわくわく感のある進行を作りやすくなるかと思います。ぜひぜひ、ご参考に!また、これを踏まえた上で、前回の記事の進行を聞いてみるのも面白いと思いますよ!

こちらもどうぞ

わくわく感のあるコード進行パターン集(音源あり)
今回は私がよく使用する、 わくわく感のあるコード進行をご紹介します。 わかりやすいよう、全部ハ長調(キー:C)です。 C Bb F A...
C→F→Bb→Eb→Ab...強進行を連続させるのは気持ち良い!
強進行の連続、大好きでしてよく使用するんですが... ってピンときます? 強進行っていうのは4度上(5度下)への進行のことです。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする