サビに向けての盛り上がりを演出するコード進行「IIm IIIm IV V」とその派生パターン

今回は、

IIm IIIm IV V

というコード進行パターンについて。

IIm IIIm IV V

この進行、Bメロサビ前に使うと非常に効果的です!
サビに向けての盛り上がりを演出することができます。

ハ長調だと、

Dm Em F G

という進行になります。
聞いてみましょう。

ルートがレミファソと1度ずつ上がっていくので、上昇するイメージの進行でサビ前にもってこいです。

派生パターン

さて、次にこのコード進行の派生パターンをいくつか紹介していきますね。

IV#m7-5やII/IV#で希望を演出

IIm IIIm IV IV#m7-5 V

IVmで切なさを演出

IIm IIIm IV IVm V

VIb VIIbでわくわく感を演出

IIm IIIm IV V VIb VIIb

クリシェを応用した例

IIm7 IImM7 IIIm7 IIImM7 IVM7 IV#m7-5 V7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする