アコギ音源 Prominy「Hummingbird」レビュー

ProminyのKONTAKT専用アコースティックギター音源、Hummingbirdのレビューです。

Hummingbird2

Hummingbirdについて

圧倒的な表現力を誇る新次元ヴァーチャル・アコースティック・ギター音源 約80GB*、89,000サンプルに及ぶ1963年製 GibsonR Hummingbird の生々しい鳴りをキャプチャした超絶リアル・アコースティック・サウンド!

圧倒的な表現力を誇る新次元ヴァーチャル・アコースティック・ギター音源 約80GB*、89,000サンプルに及ぶ1963年製 Gibson® Hummingbird の生々しい鳴りをキャプチャした超絶リアル・アコースティック・サウンド!

公式デモ曲

コード弾きの打ち込み方

気になるであろうコード弾きの打ち込み方ですが、

  1. 奏法(インストゥルメント・セレクト・キー・スイッチ)と
  2. コードのルート(ノーマル・キー)でコードを指定して
  3. ストラム・キーやアルペジオ・キーで演奏する

というのがスタンダートな打ち込み方です。

hummingbird4

独特だ、奏法のキースイッチを覚えるのが大変そう、そういった声がよく聞かれますが、慣れればスムーズに打ち込むことができます。

コード認識機能を用いた打ち込み方

こちらの記事で紹介しましたが、

Prominy Hummingbird、こんなコード弾きの打ち込み方があるって知っていましたか?
ProminyのKONTAKT専用アコギ音源「Hummingbird」。奏法(インストゥルメントセレクトキースイッチ)とコードのルート(ノー...

コード認識機能を用いた打ち込み方もあります。

  1. インストゥルメント・セレクト・キー・スイッチ
    コードの構成音を押す(ルートは一番下)ことでコードを指定し、
  2. ストラムキーやアルペジオキーで演奏する、

といった打ち込み方です。

Hummingbird6

こちらの打ち込み方ですと、奏法のキースイッチを覚えなくてもコード弾きが打ち込めます
視覚的にコードがわかりやすいですし、ステップ入力で比較的速く打ち込むことができるので、最近私はいつもこちらの打ち込み方で打ち込んでいます

参考音源を用意しました。

モノラル

Hummingbird_L (ラージ・ダイアフラム・マイクロフォン)

Hummingbird_S (スモール・ダイアフラム・マイクロフォン)

ステレオ(ダブルトラック)

Hummingbird_L_doubletrack
(ラージ・ダイアフラム・マイクロフォン)

Hummingbird_S_doubletrack
(スモール・ダイアフラム・マイクロフォン)

Hummingbird_stereo
(スモール・ダイアフラム・マイクロフォンのペア)

ライトバージョン

上記のもののライトバージョン(省メモリバージョン)も用意されています。
RAW消費量は少ないですが、リアルサンプルコードが含まれず、コード演奏はエミュレートコードのみとなります。

注意点

上手くキースイッチが掛からないという不具合を避ける

この記事のリライト前にたまに挙動のおかしい時があると書いていましたが、奏法のキースイッチを少し手前にズラして打ち込むことで解決しました。

Sleepfreaksさんの動画のおかげです。

【ポイント】
上手くキースイッチが掛からないという不具合を避けるため、
少し手前にズラして入力しておくと良いでしょう

6:25〜より

オンコードや特殊な押さえ方について

オンコードや特殊な押さえ方は、ユーザーコードの機能で問題なく打ち込むことができます。

しかしオンコードを多用する私としてはちょっと面倒くさいかなといった印象です。
コード認識機能なんかでもっと楽にオンコードを使えたらなお良いのですが。

プリロードの設定

Hummingbirdを使用する前に、
KONTAKTのプリロードバッファサイズの設定をしておきましょう。
メモリ使用量を減らすことができます。
こちらを参考に↓

Kontakt / Kontakt Playerのプリロード・バッファの設定

おわりに

スチール弦のアコギの打ち込みは、買ってからこれ一択ですね。
愛用しているおすすめのアコギ音源です。