ブラックフライデーで私が狙っている音源まとめ(2016年)

待ちに待ったブラックフライデーが近づいてきましたね。
今回は今年2016年のブラックフライデーのセールで私が狙っている音源について紹介します。

Spitfire Audio – HZ01

Spitfre Audioのパーカッション音源。映画音楽の巨匠ハンス・ジマー氏がプロデュースしたHZシリーズの第一弾です。まずはシネマティック系のパーカッションを強化したいと思っているのでセールがきたらおそらく買います。もし30%オフ以下のセールであれば、学生の私は30%オフの学割が併用できるのでかなりお得に買えそうです。ブラックフライデーのセールでは併用できないようです。日本ではあまりこの音源の名前は聞きませんが、海外のコンポーザーは愛用している人が多いイメージ。YouTubeを見ているとよくオーケストラテンプレートに「HZ01」の文字を見ます。

Spitfire Audio – ALBION ONE

Spitfire Audioのシネマティック・オーケストラの総合音源。ストリングス、ブラス、ウッドウィンズ、パーカッション、シンセとシネマティックな楽曲を作るのに必要なサウンドが大体揃っています。ティンパニとかクワイアとかは入っていませんが。音は高品質のようなので何かと役に立ちそうです。シンセやループなんかも使えそうですね。注意すべき点は、オーケストラ楽器が楽器別に分かれていないということです。例えばブラスは、トランペット、トロンボーン…と分かれておらず、Brass High、Brass Mid、Brass Lowのような分かれ方をしています。

reFX – NEXUS2

NEXUS - true next gen

reFXのソフトシンセ。プリセットに使える音が多く、音色がすぐ決まるという声をよく聞きます。逆に細かい設定はあまりいじることができないようです。シンセはあまりいじらないし、手っ取り早く音を決めたい私にとっては、非常にニーズにあったシンセだと思います。おそらくこれも買うかなと。例年通りであれば、セール時期は黒金というよりクリスマスかと思います。

Strezov Sampling – STORM CHOIR 2 : Core

Strezov Samplingのクワイア音源。クワイア音源買うならRequiemかなと思っていましたが、最近これ気になってます。Requiemは定番ですが古い音源なので、やっぱり新しい音源に惹かれますね。デモを聴く限り、パワフルな合唱に適した印象。あと、クワイアにしては安い。

Impact SoundWorks – SUPER AUDIO CART

The most complete virtual instrument collection of retro video game samples ever released, with over 1,200 classic and modern sounds and 8 game consoles!

Impact SoundWorksのチップチューン音源。これは絶対役に立つやつだ…ちょうど先日、古いゲームを意識したサウンドの制作の依頼を頂いたのですが、これを持っていればなーと。あと、MacでCubaseってチップチューン音源の選択肢が少ないんですよね…定番のMagical 8bit Plugやファミシンセが使えないですし、現在私が使用してるFamirom2はよく落ちるし…Mac、Cubaseでチップチューンはこれしかなさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする