Spitfire Symphonic Brass レガートとFanfareパッチの使い方

Spitfire Audioのブラス音源「Spitfire Symphonic Brass」のレガートとFanfareパッチの使い方についてまとめています。

レガート

レガート演奏の基本

このように、ノートを重ねてレガートを演奏します。

レガートの種類

Spitfire Symphonic Brassのレガートには、いくつかのトランジションが用意されています。

  • Slurred:最もベーシックなもの。息を止めることなくノートを変更する。
  • Detache:タンギングし、新しいノートに移る。明確で強い変化をもたらす。
  • Fast:速い演奏。アルペジオを高速で演奏したいときなどに最適。

Performance Legato

Performance Legatoはキースイッチを使用せず直感的に、 ありとあらゆる演奏が可能なパッチです。

マニュアルに記述はありませんが、ストリングス音源(SCS、SSSなど)と似たような仕組みになっているのではないかと推測しています。ストリングス音源のPerformance Legatoの使い方については、こちらの記事をご覧ください。

Spitfire Audio ストリングス音源のレガートの使い方
Spitfire Audioのストリングス音源のレガートの使い方についてまとめています。 レガート演奏の基本 このように、ノート...

Fanfareパッチ

Fanfareパッチは、ファンファーレスタイルの速いパッセージの演奏に最適なパッチです。

ベロシティで以下のようなコントロールが可能です。

  • 111-127:マルカート
  • 100-110:静的なスタッカート
  • 1-99:スタッカート

参考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする